2021年10月の吉日のご紹介

こんにちは。浅草前川印伝です。


毎月縁起の良い日にお財布を買い替えたり使い始めたりするお客様が多いので、2021年10月のお財布を買い換える、使い始める、新しいものを手に入れる、物事をはじめるのに良い日を紹介します。

2021年10月の縁起がいい日

9日(土):寅の日

12日(火):巳の日

16日(土):一粒万倍日

21日(木):寅の日

24日(日):巳の日

27日(水):天赦日

28日(木):一粒万倍日

27日(月):寅の日

28日(火):大安+一粒万倍日+大明日


10月の最も縁起の良い日は大安、一粒万倍日、大明日が重なる9月28日(火)になります。


■大安
「大いに安し」の意味で、時間を問わず1日を通して何をやってもうまくいく、最高の吉日と言われています。

■一粒万倍日
一粒万倍日とは暦の選日のひとつで「万倍」と言われることもあります。「一粒の籾(もみ)をまけば、万倍の籾を持った稲穂になる」という意味があり、その日にお財布に入れたお金が万倍になって返ってくると言われています。

■天赦日
天赦日とは「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」といわれている、日本の暦の上でもっとも吉日とされている日です。2021年には6回しかない貴重な縁起のいい日で、この日に始めたことは何をやってもうまくいくとされています。

■虎の日
虎の日は「虎は千里を行って千里を帰る」という故事成語があるように、「出ていったものがすぐに戻ってくる」という意味合いがあり、金銭に関する吉日になります。

虎の体の色が黄金色であるため金運を招く象徴であり、虎の日にお財布を買い替えたり使い始めたりするのがおすすめです。

■大明日
「天と地が明るく照らされる日」で、あらゆることがうまくいくとされています。

■巳の日
巳の日は十二支を12日毎に割り振った日のうちの一日です。は十二支を12日毎に割り振った日のうちの一日で、金運上昇の日になります。

読みもの

— 前川印伝を、読んで、知る。

商品カテゴリ

— 四季に合わせた伝統の和柄の数々