前川印伝について

消費者の声を聞きながら

私たちは東京浅草に唯一の印傳専門店「いんでんの店 まえかわ」をかまえ、初代昭太郎がこだわった「消費者の声を聞きながら」ものづくりを展開しています。

前川印伝は、印伝革のデザイン模様の企画から、製作、販売、修理まで全て自社一括管理生産しており、初代から技を受け継いだ、確かな技術を持つ前川三兄弟および当社直属の職人が、常に高品質を追求し、大量生産でなく、ひとつひとつを丁寧に仕上げています。

印伝はまだまだ認知度不足

色と柄の組み合わせで100種類以上ある印伝は、そのしっとりとした手触りが人肌に最も近いとされ、他の革にはない独自の魅力を持っています。

印伝の歴史は実に400年以上ですが、いまだに店舗にきて初めて印伝を知ったという方が大多数であり、現状ではまだまだ認知度不足であることを日々痛感しております。これほどまで魅力のある印伝を、もっともっと世の人々に知ってほしい。それが私たちの使命だと思っています。

浅草から世界へ

江戸から続く、伝統工芸産業の中心地域でもあり、世界中の人々が集まる日本有数の観光地「浅草」を拠点に、職人直営だからできる遊び心と、ひとあじ違った作品を常に意識し、伝統を守りながらも、新たな挑戦を続けています。

読みもの

— 前川印伝を、読んで、知る。

商品カテゴリ

— 四季に合わせた伝統の和柄の数々